施設の保護犬を一旦預かりホテルのマスコット犬に。気の合った宿泊客は飼い主になれるという里親支援(アメリカ)

施設の保護犬を一旦預かりホテルのマスコット犬に。気の合った宿泊客は飼い主になれるという里親支援(アメリカ)

保護施設とホテルの連携で里親を増やす試み

 アメリカでは、動物保護シェルターに空きがない地域もある。引き取り手がなかなか現れず、行き場を亡くした犬や猫たちが、安楽死となってしまうケースも少なからず起こっている。

 そこで、ミシガン州のあるホテルでは、地域の動物保護施設を支援しようと、こんなプログラムを打ち出した。

 里親募集中の保護犬を毎回1匹ホテルで預かり、ホテルのマスコット犬にするのだ。ホテルで犬と触れ合い、飼い主になりたくなった宿泊客は、その犬を飼うことができる。里親が決まるとまた次の保護犬がホテルにやってくる。

 このホテルは犬好きの宿泊客に大人気となった。2018年10月から始めたこのプログラムで、既に60匹以上の犬が永遠の家を見つけたという。
続きを読む

Source: カラパイア
施設の保護犬を一旦預かりホテルのマスコット犬に。気の合った宿泊客は飼い主になれるという里親支援(アメリカ)

動画カテゴリの最新記事